2004年12月14日

げんしけん 第10話 「経済効果から考える余暇消費のフェティシズム」

内容の濃い回でした。満足!
Aパートが終わっただけで「あれ? まだ15分だっけ」と、つい勘違いしてしまうほど。

全編、笹原妹と咲の絡みが楽しい。
咲のことを「姐さん」呼ばわりする意外と腰の低い笹原妹に対して、
咲の方は圧倒的な貫禄勝ち。
といっても真の勝者はもちろん高坂ですが。暴力男をなんなくさばいてしまう辺り、
底知れぬモノを感じます。どういう男なんだコイツは。
また、そこにすぐ入ってきて男を言いくるめる咲。
二人の素晴らしいコンビネーションで男を撃退。ホント、いいカップルです。
高坂のオタク趣味で咲の方は苦労してるとはいえ、それ以外では色々通じ合うものがあるんでしょうね。

斑目たちの「ガンガル」しりとりで、「小説版のセイラさんの御守り」ってまたえらく
濃いネタをもってきてましたね。
こんなネタ、分かる人どれだけいるんだろう…。

Bパートのコミケは俺みたいなヌルいオタは知らない世界なので、
なかなか興味深く拝見。ディテールに目が行く。
コミケって大阪でもやってるのかな? いや別に行きたいとは思わないけど。
同人誌って、あまり興味ないし。なんかさすがに気持ち悪くて引いてしまうな。
…と言いつつ、実はネットで拾っていたり。

前に一度キャラ紹介程度の出番しかなかった笹原妹だけど、これからレギュラーに
定着するんだろうか。
作品世界の中ではウザキャラのように扱われてるけど、普通に可愛いと思うし、
もっと出番を。
ありがちな萌えキャラには飽き飽きしてるので、少しでもリアルっぽさを感じさせる
こういうキャラはちょっと新鮮に感じてるのかも。


げんしけん 公式サイト
http://www.genshiken.info/
posted by ごくし(管理人) at 21:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | (アニメ感想)その他
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。