2005年01月25日

ギャラリーフェイク 第3話「13人目のクーリエ」

飛行機の中で絵を治すという、美術版ブラックジャックみたいな話。
馴染みのない世界のことで興味深かったけど、それだけだな。
作画は最悪すぎて、正視していられないし。
登場人物は野郎どもばかりでむさいし。

サラ役の川澄綾子の演技は、サムライチャンプルーのフウとまったく同じ。
まあ、性格が似たようなキャラなので仕方ないか。

次回タイトルは「美神法廷(ミューズコート)」。このセンスは好きだ。
また三田村小夜子が出てくるようなので期待。
posted by ごくし(管理人) at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | (アニメ感想)ギャラリーフェイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/1706326
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。