2005年02月02日

ギャラリーフェイク 第4話「美神法廷(ミューズコート)」

タイトルからして緊迫した法廷劇が見られるかと期待してたのに肩透かし。まあ、これはそういう作品じゃないか…。三田村小夜子は検察側の証人なのに、検事に鑑定結果を前もって知らせず、法廷でいきなり発表するのは変だと思ったんだけど、あれ、裁判ってこういうもんだっけ…?

しかし三田村小夜子ってキャラは本当にわかりやすいというか、ステレオタイプそのまんまだなぁ。というかこのギャラリーフェイクって作品自体、物語の舞台が美術の世界ってことだけがオリジナリティーで、他の設定は全部色んなところから借りてきただけのような気がしてきた。いかにも美術関係の知識を一生懸命調べて勉強しましたって感じで、登場人物たちの物語を描くことに関しては手抜きでいいと開き直ってるような。今回もこれだけ小夜子の出番がありながら、全然魅力的に描こうともしていないし。小夜子回でも期待できないとなれば、もう見る意欲が失せてしまうよな…。作画もおかしいまんまだし。やっぱダメかもこのアニメ。

エンディングのカニLOVEの絵が謎だったけど、やっと今回で理解した。
単に藤田が蟹が好物なだけか。(笑)
posted by ごくし(管理人) at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(2) | (アニメ感想)ギャラリーフェイク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


???????c?????若????с?ゃ????4荅宴??臂?腑?羈?綮件???????ャ?若?冴?潟?若??鐚???
Excerpt:
Weblog: 筝????筝???
Tracked: 2005-02-02 01:41

ギャラリー・フェイク「美神法廷」
Excerpt: ギャラリーフェイク (18)小学館このアイテムの詳細を見る  藤田のアパートが出てきます。そこは学生の安アパートのようで、「男やもめに蛆がわく」という言葉どおりで、汚い散らかった部屋です。サラったらか..
Weblog: KenjiMのブログ〜アニメと野球と音楽と
Tracked: 2005-02-02 21:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。