2005年02月14日

スターシップ・オペレーターズ 第6話「グレート・エスケープ(後編)」

お気に入りキャラになったばかりのレンナが死んでしまいました…。月詠のエルフリーデといい、俺の好きになったキャラは何故か早死にする傾向にあるようで。舞-HiMEの奈緒も、バトロワ展開になった途端真っ先にヤバイしなぁ…。

それにしても死に方がバカすぎ。マシンガン持った二人組相手に、正面からフワ〜と近づいてどうする。それでもプロのスパイなのかと。物陰に隠れながら撃つとか、それが無理でもせめて左右の動きでかく乱しながら撃つとか色々手はあるだろうに。というか、そもそも強行突破か投降の二択しかないというのがおかしい。お色気作戦があっただろうが! 脱げよ! 脱いで誘惑しろよ! 銃を出すときにフトモモ見せたって、視聴者サービスにしかならんだろうが!(いや、これはこれで良かったんだけど。)性格が真面目すぎてそういう発想ができなかったのか? しかし本物のスパイならそれぐらいのスキルは習得してて当たり前と思うのだが。(←素人の誤った女スパイ像?)

ま、とにかくこんな死に方じゃ、ラストのシノンが携帯見る場面でも全然泣けやしない。なぜスパイをやめてアマテラス側につくことに決めたのか、どこで心情の変化があったのかがサッパリ分からないし。シノンとメル友やってた理由も分からない。無口だった理由も分からない。分からないことだらけのキャラが唐突に死んでも泣けるわけないって。

前に戦闘中にもかかわらずのんびり船外活動してて死んだキャラもいたように、このアニメでは若くして戦争で死んでいく学生たちの悲しさ・儚さといったものを描こうとしてるようだけど、明らかに見せ方がヘタクソすぎて失敗してる。

この点、似たようなシチュエーションのある作品として「ガンパレードマーチ〜新たなる行軍歌〜」は良かった。ゲームはやったことなくて、アニメだけで純粋に楽しんでたんだけど、壬生屋が死ぬシーンなんかは本当に胸がしめつけられるほど切ないものがあった。あれも1クールだったけど、このスタオペに比べりゃものすごい良作だったなぁ…。続編作らないのかな。

今回終わった時点での俺の好きなキャラの順位は以下のように変わりました。
(あんたの好みなんてどうでもいいよとか思われてそうですが。)

1位 氷坂アレイ
2位 香月シノン
3位 里見レンナ
4位 レポーター
5位 間宮リオ

レンナが殉職したことにより特進したのではなく…、今回の間宮リオの行動にがっかりさせられたのが大きい。なんかいきなり泣いてるし、あんなヘタレ艦長なんかとキスしてるしで。まったく、なんなんだ? ワケがわからん。あのヘタレのことが好きだったって描写が、今までに一度でもあっただろうか? どちらかと言えばバカにしてるように見えたのに…。好意的に解釈すれば、今まで精一杯無理をしてきたけど、いざ死の可能性を考えると心細くなって弱気になってしまい、とりあえず誰かに支えてもらいたかった。それが手近なヘタレでも構わなかった。…という感じだろうか。なんだかなぁ…、間宮リオの意外な一面ととらえられなくもないけど、らしくないような。これから二人は一気にラブラブモード突入なのだろうか。人目をしのんで艦内でエッチしたりするのだろうか。そういう描写が少しでもあれば、それはそれで歓迎ですが。エロいキャラは好きですから。ええ。

1位のアレイは今回はチャイナ服でのお尻アップがあったので、さらにポイントアップ。さすが分かっているじゃないですか、スタッフの人。これからもアレイにはエロを期待していいのかな。ただ尻フェチとして欲を言わせてもらえば、もう少し描き方がその、形良くと申しますか、優美な曲線を描いてもらいたいなというか。ま、精進してください。応援しておりますので。

あと、今回のツッコミポイントとしては、シュウの大統領の情けなさですかね。せっかくの中国の設定が生かされていない。江沢民や胡錦涛を参考にしてキャラを作ってほしかった。中華思想はどこに行ったんだって感じじゃないですか。もはやたいした力を持っていない元総理ごときの言説に惑わされちゃって。お前がしっかり主導権握れよと。表で騒いでる民衆どもも、天安門事件なみに鎮圧しろよと。挙句の果てに部下に判断丸投げしてしまうし…。いくらなんでも、あんな中国の指導者はありえない。ま、あんなヘタレだからクーデターなんて起きるわけですが。

さて、次回タイトルは「スターダスト・メモリー」。
今回は大脱走のオマージュで、次回はガンダム0083の…? シノンあたりがお約束の台詞を言うのだろうか。「再びキビの理想を掲げるため! 星の屑成就のため! 王国よ、わたしは帰って来たーっ!」。そういや、間宮元総理はデラーズ閣下に似てなくもないような…。ヒゲだけでなく、立場とか状況に共通点があるかも。ま、可能性は低いだろうけど、やってくれたらスゴイですよね。版権に触れない、ギリギリのところの可能性を探ってもらいたい。マジでやってくれたら伝説ものですが…、どうなることやら。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。