2005年03月05日

月詠 第20話「おじいさま、どーしてそんな格好してるんですか?」

タイトルでネタバレしてますがな。まあ、どうせ前回の声でバレバレなわけですが。しかし厳しすぎる修行だなぁ。垂直の絶壁を登っていくだけでも充分すぎるほどすごいことだし、耕平の修行の成果が現れてると思うんだけど、更にあの高さから落としますか。死にまっせ普通。爺さんはまだまだ鍛えるつもりだろうけど、死んでしまっては元も子もないのですが…。敵と遭遇しても自分で何とかしてみろとばかりに去ってしまうし。でも、あの爺さんの強さも、同じような厳しい修行の上で手に入れた力ということなんだろうな。最終話あたりでは、耕平がどれだけ強くなっているか楽しみにするとしよう。

今回は激ロリアニメから普通のアニメに戻ったようで(ロリを意識したアニメであることは間違いないだろうけど)、薫の出番も比較的少なく安心して見ていられたものの、最近なんとなく話の進み方が遅いような気がする。舞台が山奥で変わり映えしないというのもあるし、どうでもいいようなことに細かい描写を費やしてるせいだろうか。元々こんなまったりしたシリーズだったっけ…? とりあえずアルト編だけで何話費やすつもりなのかと。単純に倒して終わりの敵ではなく、もしかしたらこれからラストまで絡んでくる重要キャラなのかな。

アルトは耕平の血を吸ったわけだけど、いったいどうなるんだろうか。耕平がしもべにならないため、アマラーミヤ(ヴァンパイアの恋人)であることに気づくのは間違いないと思うけど、アルトがブルーブラッド(純血)かルード(転向者)なのかで話が変わってきますね。「姫様」と呼ばれてたり、葉月を「あいつ」呼ばわりするあたりからして、葉月と同じく純血のような気がするんだけど、「御館様」の命令でやって来たらしいので、「御館様」をマスターとするルードの可能性もある。もしルードなら、エルフリーデの場合と同じく、マスターの呪縛から解き放たれて自由を得るわけで…耕平に感謝するのだろうか。そばにいるバルガスもそれを知って、耕平の血を吸う可能性もあるし。どちらかと言えばバルガスよりジェダの方が反抗的っぽいので、喜んで吸いたがる気もするけど…。アルトがルードでない場合は、キンケルと同じく耕平を危険視するのだろうか。予告の微笑みは耕平に向けられたものなのか、あるいは全然別のことなのか。次回に注目。

バルガスとジェダに関しては、あの顔は仮面なのか地なのか、どっちなのかが気になってしょうがない。まりおも同じ感じだったけど、仮面だとしたら、何のために被っているのか。あと、なぜキンケルは被っていなかったのか。仮面はしもべの証みたいなもので、マスターにより強制されていると思ったのだけど、まりおはキンケルより強いみたいなこと言ってたしなぁ。もし仮面でなく地なんだとしたら、なんでそんな変な顔になってしまったのかという話になってくるわけですが。…なんかこの辺の設定はあまり深い意味はなくて、単に敵だから恐そうなデザインにしただけで、別にわざわざ明らかにするような謎ではないのかも。

あと、成児のヘタレ化は意外だった。彼は術士としてはエリートで、一人でヴァンパイアと対等に戦えるだけの力を持つ、ある意味ジョーカー的な存在だと思ってたのだけど。ジェダも彼に目をつけて何やら企んでるし、今後悲惨な運命が待っているような、イヤなフラグが立った感じに思えた。

新エンディングは、なかなかいいですね。月面ではしゃぐ葉月が可愛い。カメラを持っているのは耕平か。月面といえば最近ではプラネテスの殺伐とした何もない世界の印象が強かったので、こんなにも明るい世界を見せられて、ちょっと新鮮に感じた。
posted by ごくし(管理人) at 06:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | (アニメ感想)月詠-MOON PHASE-
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/2258570
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。