2005年03月10日

ギャラリーフェイク 第9話「黄金郷(エルドラド)への誘い」

第8話は録画ミスで見られませんでした。けど、まあ原作で読めばいいやって感じで全然気にならない。このアニメも、例えば舞-HiMEやプラネテスみたいに、そんなに力入れて見なきゃいけないような類いのものではないですしね。一話完結で続きものではないというのもあるし。まあ、気軽に視聴していきたいと思います。考えてみれば、そういうスタンスで見れるところが、ある意味この作品の長所と言えなくもない。よく言われるように、最近のアニメってビデオ時代のアニメで、伏線などの細かい作りこみが多く、一度視聴しただけでは分からないことがあって、録画して何度も見ることを前提に作られてるようなところがあるため、視聴者側も一話たりとも見逃せないと気を張ってなきゃいけないんだけど、このギャラリーフェイクはそれ以前の昔ながらのアニメのような、見たいときに見ればいい、そんなある種の安心感があるというか。…でも、悪くいえば時代遅れだし、作画とか質の悪いのは受け入れがたいわけですが。

で、今回の感想ですが、なんか今までの作風を無視してインディー・ジョーンズをやってましたね。マジで恐竜なんかが出てきたり、秘術だかで心臓なしで人を生かすとか、だいぶファンタジー入っていて、本来のギャラリーフェイクらしくない。いったいどうしたんだろう。路線を変更したのか、今回だけ遊んでみたかったのか。こういう古代遺跡発掘冒険ロマンみたいなのは別の作品とかでも見飽きてるし、どうせやるんだったら、もう少しオリジナリティにこだわれよと言いたい。恐竜の像も、鍵として作られるなら、普通もっと機能的な別の形になるだろうに、あれを穴に当てはめるとこは強引すぎ。手の使えない藤田がさてどうするのやらと思って見ていたけど、あれじゃ穴に入ったように全然見えないし。ちょっと上に重なっただけでピカーッてアホかと。吉村作治先生のパロディもなんのつもりなんだか。死にたがってたのを、最後生き残らせるのなら、せめてなんかフォローあっても良さそうなのに。藤田かサラあたりがあの先生に、死んではいけないんだと、諭すようなシーンを入れるべきじゃなかっただろうか。

次回はフェイツィ再登場。
またお風呂のシーンもあるみたいで、エロに期待。(笑)
posted by ごくし(管理人) at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | (アニメ感想)ギャラリーフェイク

2005年02月21日

ギャラリーフェイク 第7話「レンブラント委員会の挑戦」

探偵同士の推理対決みたいで、なかなか面白かった。レンブラントの絵も大好きだし。結局のところ、真作か贋作かの基準なんていい加減なもので、世の中には本当は真作なのに贋作と判定されていたり、その逆もあったりで、真実は誰にも分からないって感じを受けたのだけど。そんな理解でいいのだろうか。美神法廷の回では、気品がありすぎるってだけで真作だと判定してた人もいたしなぁ。(笑) 作画は相変わらずだったけど、小夜子の着物姿だけは良かった。髪を結い上げると艶かしくて。これからエロ接待が始まるのかとドキドキしたり。しかし俺もいい加減、この作品にエロを求めるのはあきらめなくてはダメなのだろうな…。
posted by ごくし(管理人) at 19:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | (アニメ感想)ギャラリーフェイク

2005年02月14日

ギャラリーフェイク 第6話「翡翠(フェイツィ)の店」

なかなか面白かった。このアニメでこんな馬鹿馬鹿しく、かつエロい話もあるとは思わなかったよ。お風呂でオ○ニーするシーンにはビックリするやら笑えるやら。しかも、そのフェイツィの声は大好きな田中敦子さんだったし。(笑)

これで作画さえ良ければなぁ…。今回も相変わらず最悪。崩れまくり。前もあったけど手前に藤田がいて奥にサラがいる場面で、サラの顔の方がでかかったりとか。スタッフの人には、もう少しキャラに愛をもってほしいですよね。特に女性キャラには、可愛らしくエロく描くことに力を注いでほしい。フェイツィは悪役だから、あんな醜い顔になってしまっても仕方がないとして、三田村小夜子の困った顔なんかは、もっと丁寧に美しく描かなくては。眉間に皺を寄せる女性の表情にエロを見出す人のことも考えてもらいたい!(力説)

ストーリー的には、サラやフェイツィの台詞で藤田が小夜子のこと好きだとかあったり、藤田が大胆に小夜子の腰を抱いたりする場面もあったりで、二人の関係にほんの少し進展が見えた様子。この先、二人の間でエロい展開になったりすることもなきにしもあらずなわけで、そんなとき作画が相変わらずだったら、台無しじゃないですか。

今回で視聴は打ち切りにするつもりだったけど、わずかながら可能性も見えたし(何の?)、もうちょっと視聴を続けてみることにするかな。
posted by ごくし(管理人) at 05:30 | Comment(0) | TrackBack(1) | (アニメ感想)ギャラリーフェイク

2005年02月09日

ギャラリーフェイク 第5話「消えた黄金仏」

まあ、いい話ではあるんですが…。今更ながら、原作漫画があるならそれで読めば済む話で、あまりアニメで見る必要性がないような気がしてきた。一応今回は背景美術が綺麗だったりするものの、たるいですよね、こういうのに30分も費やすのは。次回、サドっぽい女キャラに興味はあるものの、もうそれだけ見たらこの作品の視聴は切ってしまうかも。
posted by ごくし(管理人) at 05:53 | Comment(0) | TrackBack(2) | (アニメ感想)ギャラリーフェイク

2005年02月02日

ギャラリーフェイク 第4話「美神法廷(ミューズコート)」

タイトルからして緊迫した法廷劇が見られるかと期待してたのに肩透かし。まあ、これはそういう作品じゃないか…。三田村小夜子は検察側の証人なのに、検事に鑑定結果を前もって知らせず、法廷でいきなり発表するのは変だと思ったんだけど、あれ、裁判ってこういうもんだっけ…?

しかし三田村小夜子ってキャラは本当にわかりやすいというか、ステレオタイプそのまんまだなぁ。というかこのギャラリーフェイクって作品自体、物語の舞台が美術の世界ってことだけがオリジナリティーで、他の設定は全部色んなところから借りてきただけのような気がしてきた。いかにも美術関係の知識を一生懸命調べて勉強しましたって感じで、登場人物たちの物語を描くことに関しては手抜きでいいと開き直ってるような。今回もこれだけ小夜子の出番がありながら、全然魅力的に描こうともしていないし。小夜子回でも期待できないとなれば、もう見る意欲が失せてしまうよな…。作画もおかしいまんまだし。やっぱダメかもこのアニメ。

エンディングのカニLOVEの絵が謎だったけど、やっと今回で理解した。
単に藤田が蟹が好物なだけか。(笑)
posted by ごくし(管理人) at 01:35 | Comment(0) | TrackBack(2) | (アニメ感想)ギャラリーフェイク

2005年01月25日

ギャラリーフェイク 第3話「13人目のクーリエ」

飛行機の中で絵を治すという、美術版ブラックジャックみたいな話。
馴染みのない世界のことで興味深かったけど、それだけだな。
作画は最悪すぎて、正視していられないし。
登場人物は野郎どもばかりでむさいし。

サラ役の川澄綾子の演技は、サムライチャンプルーのフウとまったく同じ。
まあ、性格が似たようなキャラなので仕方ないか。

次回タイトルは「美神法廷(ミューズコート)」。このセンスは好きだ。
また三田村小夜子が出てくるようなので期待。
posted by ごくし(管理人) at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | (アニメ感想)ギャラリーフェイク

2005年01月16日

ギャラリーフェイク 第2話「傷ついた『ひまわり』」

前回が最悪な印象しかなかったので、もう切ろうかとも思ってたけど、念のためチェックしてみたら………なんだ、普通に面白いやん。前回と全然違って話も理解しやすいし。1話目は何だったんだ…。エピソードごとにだいぶ波があるということだろうか? 相変わらず静止画のスクロールばっかりで手抜きアニメという感じだけど、話自体が面白ければわりと見れる。80年代っぽい雰囲気で、シティーハンターを思い出した。主人公は美術商ということで、どうも馴染めない内容だなと1話のときは思ったけど、今回で「ああ、これは要するに探偵ものと同じなんだな」としっくり来て、ずいぶん印象が変わった。1話目での「掴み」って大事ですよね…。この作品はそれに失敗した感じ。1話だけで視聴を切ってしまって2話を見なかった人って多いんだろうなぁ。

キャラに関しては、主役の藤田は顔などがステレオタイプであまり個性が感じられないデザインだが、声優さんの演技でなんとか存在感を出し、カバーできているという感じ。1話では顔見せ程度だった三田村小夜子も今回は話の中心で、どういうキャラかよく分かったけど、これまた何から何まで気の強い才女の典型ですなぁ…。まあ二人とも、逆にそのおかげで安定感みたいなものはあるんだけど…。演じる雪野五月さんは「げんしけん」の春日部咲やプラネテスのタナベとはまた違った声。あの二つの方が断然はまり役だったと思うけど、まあ、そんなにいつもいつも役に恵まれるわけじゃないだろうし、こんなもんだろうか。あの二つの役は別格すぎるしなー。サラは、今回で藤田との出会いが描かれたわけだけど、今のように日本語上手くなって助手を勤めるまでの過程に興味を持たされました。

今後のエピソード次第では、地味だけどそこそこの良作にはなれそうなシリーズかも。(しかし我ながら前回とまったく違うこと言ってるなぁ。でも1話がアレすぎるのが悪いんだよ…。)
posted by ごくし(管理人) at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | (アニメ感想)ギャラリーフェイク

2005年01月12日

ギャラリーフェイク 第1話「贋作画廊の男」

新番組チェック第2弾です。
結論から言うと、これも期待を大きく裏切られるクソアニメでした。がくっ。

例によって絵が動かないし、話もよく分からない。クソアニメの全ての条件を満たしているような作品。漫画はけっこう長く連載されている作品で、人気もそこそこあるらしいけど、アニメ見た限りではとてもそう思えないほどにつまらない。動画については、口がパクパクするか、止め絵をスクロールさせるか、そのどちらかのみ。潔いぐらいにこの二通りしかない。やる気なし。せめてアクションシーンのある作品だったら、その場面だけでも少しはアニメするのものだけど、この作品は全然そういう話じゃないみたいだし。

それ以上に、話が意味不明なのが致命的か。あの助手の女の子が帽子とったりするのとか一応説明あったような気もするけど、よく分からなかったので、なんか最後盛り上がってても、こっちは「はぁ…?」って感じ。「帽子取ってサイン送らせるために、あの女の子を助手にしてるの?」みたいな。それ以外でも、とにかく見ている者に伝わってくるものが何もない。画面の中だけで勝手にやってるだけという感じで30分が終わった。こんな心に何も残らなかった感覚は久し振りかも。

声優は雪野五月と川澄綾子という、あの「げんしけん」の二人を使ってるので、今度はどんな演技が聞けるのかと期待してたのに、全然キャラが魅力的じゃないからせっかくのキャストを活かせてないし。もったいないなぁ…。

MONSTERのアニメがあるけど、あれ見ている方が100倍マシだと思いました。自分の場合、原作が好きで全部読んでしまっているため、今更あの話をアニメにしてもなーと思ってほとんど見てなかったのですが。あれもあまり動かないアニメだけど、話は一応面白いですからね。

さて、スターシップ・オペレーターズに続いてこれも期待を裏切られ、残るは「砂ぼうず」と「エウレカセブン」ぐらいか。不作だなぁ…。これで舞-HiMEが終わっちゃったら、どうしようかな…。
posted by ごくし(管理人) at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | (アニメ感想)ギャラリーフェイク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。